改めて考えたこれからプログラミングスクール通う時に選ぶポイント

プログラミング

ヒツジです。最近思うことが多いので、改めてこれからプログラミングスクール通う基準みたいなものを考えました。

本当にエンジニアを育成する気があるのかそもそも疑問

受託の会社に転職して本格的な開発を始め、とあるプログラミングスクールのお手伝いを始め、これまで何個かプログラミングスクール通って感じたのですが、

本当に既存のプログラミングスクールはエンジニアを育てる気があるのか?

って超疑問になってきた。

プログラマ、エンジニア続けてると分かるのですが、ちゃんとしたエンジニアを育てるのってものすごい膨大な育成と本人の努力、労力や時間が必要だってことを最近ヒシヒシと感じてる次第です。

だけど現状のスクールだと「短期間で育成して一人前のエンジニアになれます。お給料も上がります。自由な場所で働けます。時間が関係ないです。フリーランスになって組織や人間関係に悩まずにすみます」みたいなところけっこうありますがーー

全ッッ然そんなことねーから!!

全然そんなことない。

短期間の育成だと中途半端な知識だけ持ってる人になるし、給料も新卒近くまで下がるし、リモートワークで働けるのは稀。

なんだったら会社行って、でっかいモニターとスペック高いマシンで開発したほうが効率いい。

時間が関係なくて成果で見るとはいえ、その成果は時間かけなきゃモノにならん。

フリーランスに仮になったところで、Slackのような連絡ツールで外部の制作会社やお客さんとのやり取りも発生するし、そうした悩みや人間関係もまた発生するしでーー

とにかく、全ッッ然そんなことねーから!!

(一部の強者はこの真逆を行ってる事例もある。それは認める)

で、現状エンジニアはやはり不足してるらしい。国の統計とってもやはり全然足りない模様。

「じゃあどんどんエンジニア育成して、輩出すればいいじゃん」となるが、そうは問屋がおろさない。

やはり企業はちゃんとした人がほしい

エンジニアとしてのスキルはもちろん必要ですが、それ以上にちゃんと仕事できる人がほしいんと企業側も思ってると思うんですよね。

周囲の人と協力してチーム開発。決められた納期までに仕事を遂行する力。疑問、質問があったときにちゃんと他人に頼れるか。質問できて説明できるか。仕様を理解できて、疑問は聞けれるか。すり合わせできるか。他の人が困ってたらちゃんと助け合えるか。

他の会社でも必要とされる能力が土台とあって、その上でエンジニアのスキルが身についてるorこれからもスキルを身につけていこうとするやる気のある人。

こういった人を企業は求めてる気がしている。

20代の人は時間あるので、あとはやる気とかでガンガン行けそうだが、我々30代から未経験だと、これまでの経験やバックグラウンドを活かせてなおかつ行動力もある人がマストかと思う。

でまあ、そんなやる気に満ちた人たちが「さあ、エンジニアになろう。でもどうすればなれるのかな?本屋やネットの教材使って独学かな?いや、もっと専門的にかつ効率的に学べる場所がないかな?」と行き着くのがそう。プログラミングスクールなわけですよ。

実際プログラミングスクール通ってどうなのか?

でまあ、いろいろとこのご時世というか、トレンドというか、あるわあるわプログラミングスクール。乱立してドカドカと「これぞチャンス」とばかりにゴロゴロあるわけですね。

ヒツジもその中のひとりなわけで、スクール通って学んで転職したわけですが、これが会社で働いて通じるかというとーー

全然通用しない。

そう。全然通じない。マジで。

if文、for文すらもまともに書けないし、勉強してきたRailsも全く使わないし、仮に使ったところでバージョン古くて対応してないとかで、文法とかも変わってくるだろうしで、

まあ、とにかく全然通用しなかった。

通用しないだろうな、とは予め分かってたが、半ば「オレ、Progateめっちゃレベルあるしけっこういけるんじゃね?」と驕ってたのも事実なので、そこに関しては「自分ばかやろう」なので、何の申し訳ひらきもないですが、

マジでスクールが教えてくれたことと、会社の仕事である実務は全く別次元でした。

そもそも現場を知ってるエンジニアではなくて、インターン生が講師だったから、「そりゃあ現場で使われる知識や技術知らんわ」と納得した次第。

(それからヒツジの悪戦苦闘が始まっていくわけですが、それは別の世界線のお話)

改めて考える、これからプログラミングスクール通うならのポイント

まあそんなこんなで、スクール卒業してからかれこれ1年と半年くらい経つのですが、現状改めて見渡すと、何かいろいろとひどい状況が広がってるなと思いました。

「簡単だよー。余裕だよー。エンジニア儲かるよー。短期間でエンジニアになれちゃうよー」と煽る人々。

自分が通ってもいないサービスやスクールを平気で推薦してくるアフィの方々(そもそもスクール10個も20個も通えんでしょうに)。

エンジニアの現実を教えないで、夢や希望で煽るスクールの広告。

エンジニアに夢見て転職したのに、考えていたのと違ったと辞めてしまう人…。

もう、ほんとなんなの……

と思うヒツジです。(特に30代の人が勉強して苦労してエンジニアになって、辞めたとかいう話を聞くとかなり切ない……)

それでもこれからプログラミングスクール通ってエンジニアになりたいという人たちもけっこういるかと思うので、そんな人たちや過去の自分に向けて、改めて「これからプログラミングスクール通うならどこを基準としてみればいいのか?」を以前も考えたが改めて考えてみた。

1、現役のエンジニアが教えていること。
2、掲示板など、質問のレスが早い。
3、実務案件あってチーム開発。
4、転職保証はなくてもいいが、サポートはあること。
5、短期間育成はやめといたほうがいい。
6、SES、受託、自社サービスなどの違いを教えてくれるところ
7、夢じゃなく、現実を教えてくれるスクール。
8、就業説明会などのイベントあるところ
9、卒業後も交流あるスクール。現役と受講生。コミュニティ。
10、経営者と話せるんだったら、経営者と話せ。

ざっとこの10個ほど基準として見ればいいんじゃないのかなと思う次第。異論は認める。

とりあず一個ずつ解説

「1」の現役のエンジニアが講師として教えることですが、これはもうマスト事項かと思います。

そもそもこれからエンジニアとして働きたいのに、エンジニアの現場を知らない人から教わってもあまり意味ないんじゃないのかなって。

それよりも現場を知ってるエンジニアの人から、実務で使ってるツールやトラブルの話とか聞いたほうが百倍タメになる。カリキュラム外のことも教えてもらえるし、仕事だとどういったことを重点的に学べばいいのかも教えてくれるしで、絶対にそちらのほうが効率いい。年齢の近い人どうしで、仲良くプログラミング学習するというニーズもあるらしいので、異論は認める。

「2」の質問のレスが早いはもうそのまんま。エラーでつまずいて時間を潰すより、わかんないことを聞いて解決したほうが効率いい。自己解決はものすごく大事。だけど、せっかく高いお金を払ってるのだから、講師は使い倒したほうが良いです。で、そのレスが早ければいいよねっていう。

「3」の実務案件ベースのチーム開発。多分これ、やってるところあるのかな?って思うんですが、結局の所「実務やらんとスキルがつかん」のですよね…。身も蓋もないが。

スクール通ってたとき、チーム開発やったことあるが(2人だったけどね)、もうエラーをひたすら出さないようにしたり、時間は限られていたけど、時間にルーズだったし、要件定義とかまあメチャクチャだったり…。なんていうかね「遊び」です。ハイ。

張り詰めた空気とか、真剣さがなかった。仕事に向き合う姿勢というべきか。なんでね、できれば「実務案件でチーム開発」できたら最高ッスよねっていう。

マジで仕事になると、とんでもないことの連発になるから。要件違ってたり、仕様変わったりとか、まあとにかく色々と「チーン」となります。多分、勉強の7倍成長します。なんで、可能ならそういったことやれるスクールがあれば理想ですかね。

「4」の転職保証はなくてもサポートはあってほしいですよね。会社探したりするの、意外と大変だし運の要素もでかかったりするので。

あとは良くサポートしてくれる人と話し合ってください。「保証やサポートがあってラッキー」と考えるのはまだ早いです。

これ、逆に言うと「どんな会社でも入れてしまえばいい」の裏返しですから……。怖いですね。

「5」の短期間育成はやめとけですがーー

マジで無理!!

エンジニアを短期間で育成して、一人前のエンジニアとかほんっっとうに厳しい!!無謀!!ミッションインポッシブル!!

専門職やで?!

サッカー選手や野球選手とまでは言わないが、専門職やで!?

サッカー選手やプロ野球選手が短期間で育成できるかって言ったら、

否ッッ!!否でしょッッ!!!!

バットの振り方やリフティングやら、試合のルールやらなんやかんやで、最低限アマチュアの試合に立てるのか?知らんけど。

それでも、ボッコボコに試合に負けそうな気がするが……。

なのに、なんでそれがエンジニアだと短期間で育成して一人前のエンジニアになれるのかが不思議でならない。

ヒツジも、短期間で即戦力エンジニアになれるって思ってた大馬鹿野郎だがな!!

なので、最低限の知識とスキルが身について入り口に立てたくらいだと考えておいたほうがいいです。

それでも短期間(1〜3ヶ月)で育成されたエンジニアがどこまで通じるのかは知らんけど……。

ともかく、最低でも半年間くらいの育成は必要な気がする。それでも全然足りないと思うが。

「そんなに待てねえ!オレは速攻でエンジニアに転職したいんじゃ!!」というお方。それもアリです。

「6」のSESや受託、自社開発の違いですが、可能ならちゃんと教えてくれるスクールさんに行きましょう。質問しても濁されると変な会社紹介される可能性もあるので。

SESが悪い、自社開発がいいとかをこの場で論じるわけじゃないし、結論はでないですが、せめて働き方が違ったり、自分が考えていたものと違ったりするので、ちゃんと違いを知っておいたほうがいいです。

自分はSESのこともよく知らない状態で、SESの会社に入りました。全く知らんかったので色々と「洗礼」は受けたつもりです。

なので、これから入る業界、会社のことは知ってる人に聞いときましょう。意外とスクールの人たち知らん気がする。

「7」、夢じゃなく、現実を教えてくれるスクールは、もうそのまんま。世の中甘くねえ。極めると甘いんだろうが、駆け出しは甘くねえんだ……。

広告に書いてあることは、ほぼ入社した会社が条件と思ってもらったほうがいいかも。あとはね、わがまま言えるだけのスキルや実力あるエンジニアの特権ですかね。

「8」、就業説明会などのイベントあるところ。受講生のこと考えてくれてますね。あとは、自分を売り込む最大のチャンス。

「9」、卒業後も交流あるスクール。現役と受講生。コミュニティ。

もうね。焼き畑農業みたいな感じで「ハイ。卒業しました。さようなら」とかではなくて、卒業後も交流あるスクールがいいと思うんですよね。

んで、現役の受講生とエンジニアになった卒業生とかで交流もてば、絶対にいい循環になると思う。

受講生はこれからエンジニアになれるかの不安とかもあるけれど、身近にちゃんとそのスクールから卒業してエンジニアになった人がいるっていう安心感が持てる。

あとは、スクール側も実績として残せるし、受講生の脱落を防げると思うし。何より、仲間がいるってことはすげえ心強いと思う。孤独はシンドイっす。

「10」、スクールの経営者と話せるんだったら、経営者から話を聞いたほうがいいっす。

結局の所、スクールも会社なので、どんなビジョンがあってどんな会社(スクール)にしていきたいのかは、最高責任者によって決まるかと思います。

だから、社長さんの考えがスクールの運営にそのまま現れてくると思うんですよね。

変な話、仮に自分がスクールの講師だとして「こういうスクールにしていきたいんだよねー」って言っても、自分の会社じゃないからスクールの運営には反映されん。

それよりも、経営者の人に話せるチャンスあったら、話聞けたらけっこうそのスクールの「色」が分かるんじゃないのかなと。

会社経営も色々あるかと思うので一概にはなんとも言えないですが、決定権持ってる人に話聞くのが一番判断しやすい。

問題は、社長が忙しすぎて話聞けるチャンスがあるかどうかかと思いますが(汗)

おしまい

勢いのまま、バーッと書きましたが結構長ったらしくなってしまいましたね。

とりあえずマジでスクールはよーく選んでください。何個か候補あげて、天秤にかけたほうが良いです。

けっこう良い金額払うので、石橋叩いてから「エイッ」と飛んでください。

また何かしら思うこと、考えが変わったら書きます。以上です。

コメント

  1. […] 改めて考えたこれからプログラミングスクール通う時に選ぶポイント | R… […]

  2. […] 改めて考えたこれからプログラミングスクール通う時に選ぶポイント […]

タイトルとURLをコピーしました